Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Goで全裸

Pure Go で辞書同梱な形態素解析器 kagome を公開してみました - Qiita という記事を見て、「Goで形態素解析できれば @ もGoで作れる!」と思い、とりあえず全裸にするやつ作ってみた。


やってることは 全裸で形態素解析をするスクリプト - すぎゃーんメモ と同じで。
KagomeMeCab と同様に形態素解析してくれる(同じ辞書を使っているらしい)ので、基本的にはそれを使って動詞の前に「全裸で」を挟み込むだけ。

$ go get github.com/sugyan/go-zenra/cmd/zenrize

$ echo 'Goを書いてます' | zenrize
Goを全裸で書いてます

$ cat input.txt
そうだ!嬉しいんだ生きる喜び
たとえ胸の傷が痛んでも

何の為に生まれて 何をして生きるのか
答えられないなんて そんなのは嫌だ!
今を生きることで 熱いこころ燃える
だから君は行くんだ微笑んで。

そうだ!嬉しいんだ生きる喜び
たとえ胸の傷が痛んでも。

嗚呼アンパンマン優しい君は
行け!皆の夢守る為
$ cat input.txt | zenrize
そうだ!嬉しいんだ全裸で生きる喜び
たとえ胸の傷が全裸で痛んでも

何の為に全裸で生まれて 何を全裸でして生きるのか
全裸で答えられないなんて そんなのは嫌だ!
今を全裸で生きることで 熱い全裸でこころ燃える
だから君は全裸で行くんだ全裸で微笑んで。

そうだ!嬉しいんだ全裸で生きる喜び
たとえ胸の傷が全裸で痛んでも。

嗚呼アンパンマン優しい君は
全裸で行け!皆の全裸で夢守る為

まぁ微妙におかしくなる部分はあるけど。


KagomeはPure Goだしクロスコンパイルも出来る!と思ってMacLinuxバイナリの生成やってみたけどめっちゃ時間かかったし100MBくらいのものになったし険しい。でもちゃんと動いた。
wercker も試してみたけどgo getで時間かかりすぎて(?)殺されたので諦めた。