Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

IRC Bouncers(IRC Proxy)あれこれ

ここ最近のIRC環境としてはさくらVPS上でterminal multiplexer(以前はscreen、最近tmux使い始めた)上でirssiを動かし続けていたのだけど、mobircのようなものを使う際にはやはりTiarraのようなIRC Proxyが必要だな、と思い導入してみることにした。
日本語でそれ系の記事を探すとどうしてもTiarraがヒットするけど、海外とかではどうしてるんだろう?とちょっと気になって少し調べたり試したりしてみた。
そもそもこういったソフトウェアは"bouncer"と呼ばれるらしい。
BNC (software) - Wikipedia, the free encyclopedia
で、ここに幾つかSoftwareが紹介されている。

Tiarra

これは上記のリストでは紹介されていない。日本製でマニュアルやソースコードコメントも日本語で書かれていたりするし、海外で使っているヒトは少なそう。複数のネットワークに繋いだりモジュールの追加・再読み込みなどできるのが魅力。ただSSLでの接続をサポートしていなくて、stonestunnelといったものを使ってどうにかしてやる必要がある。
stone を使って tiarra を SSL 化する方法 | tech.kayac.com - KAYAC engineers' blog
stunnel を使って irssi を SSL 化する方法 | tech.kayac.com - KAYAC engineers' blog

Bip IRC Proxy

yumコマンドなどパッケージマネージャからインストールできるのが魅力。ホームページからドキュメント読みに行こうと思ったら腐ってた。だいぶ古いソフトウェアなのかな?ただインストールしたときに/etc/bip.confを参考にすることでそれなりに設定を記述することが出来そうだった。複数ネットワークに接続しようとすると別ユーザとして分けてログインする必要がある。SSLでの接続に対応しているようだったけど自分で試してみた限りでは上手くいかなかった…

psyBNC

これも相当古いものなのかな…?とてもシンプルなかんじで、make menuconfigコマンドからシンプルな設定GUIツールで設定ができる。でもあまり複雑な設定はできなそう…正直あまりよく分からなかった。

ZNC

これは高機能でイケてる気がする。様々なモジュールをロードして利用することができるので拡張性が高いと思う。webadminというモジュールがあってこれを利用することでwebの管理画面から諸設定を行うことができる。複数ネットワークに繋ぐにはやっぱりユーザを別々に登録しなくてはいけなくて、そこはちょっと不便な気がしてしまう。


結局

どれにも振り切れず、結局いまはTiarra(+stoneでssl接続)を使っている。もう一回ZNCにチャレンジしてみようかなぁ…まだまだIRC素人で何がなんだか分からない。むずい。