Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Functionの期待する引数の数をlengthプロパティで取れる

知らなかったのでメモ。
https://developer.mozilla.org/en/JavaScript/Reference/Global_Objects/Function/length

$ node
> (function () {})
[Function]
> (function () {}).length
0
> (function (a) {}).length
1
> (function (a, b) {}).length
2

これを使って、例えばMochaではrunnable.js

function Runnable(title, fn) {
  this.title = title;
  this.fn = fn;
  this.async = fn && fn.length;
  this.sync = ! this.async;
  this._timeout = 2000;
}

という具合にテスト対象の関数の同期/非同期判別を行っていて、
同期的なテストは

it('hoge', function () {
    require('assert').ok(true);
});

非同期的なテストは

it('hoge', function (done) {
    require('assert').ok(true);
    done();
});

のように書く、と区別される。
done引数を取っているものは非同期的なテストとみなされるので、done()が呼ばれないとテストが終了しない。