Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Command+Tabをスムーズに行うための些細な努力

自分はマウス動かすの大っ嫌い派なので、DockとかFinderとか基本的にほとんど使わない。
Mac上でのアプリケーション切り替えは常にCommand+(Shift+)Tabキーで行う。
でも起動しているアプリケーションが多くなると、目的のアプリケーションに切り替えるためにCommandキーを押した状態でTabを連打しなければならなくなったりして、不便に感じていた。
ので、Twitter&Wassrで呟いてみたところ色々アドバイスをいただいた。


とりあえずの対策として、絶対に選択することの無いQuickSilverとFinderをCommand+Tabの選択肢から除去することに。
QuickSilverは自分的には必需品なので終了させるワケにはいかないのだけど、別にCommand+Tabの選択肢に入る必要は無い。
ので、Preferencesから「Show icon in menu bar」をチェック。これでアイコンがメニューバーに移り、Command+Tabの選択肢からは消える。
あとはFinder。ファイル操作も大抵ターミナルからシェルで行うし、よっぽどのことがない限りFinderなんて使わない。
ただコイツは簡単には消せないらしいので、以下のURLを参考にしてFinderを終了させた。
Page ON/サービス終了のお知らせ


これで選択肢が2つ減った!だいぶ切り替えがしやすくなったと思う。
あとは特定のアプリケーションをspacesで割り当てて、画面の切り替えとアプリケーションの切り替えを連動させる、という方法があるので、使えるときは使おう。


それとまた別に切り替えをしやすくするためのソフトが幾つかあるようなので、時間のあるときに試してみようと思う。
http://www.versiontracker.com/php/qs.php?mode=basic&action=search&str=Application+Switch&srchArea=macosx&submit=Go


アドバイスを下さった皆様、ありがとうございました。