Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

マジカルインクリメントによる文字列操作

$ perl -le '$~++for 0..515937;print lc$~'

というのを一行自己紹介として使ってみるというのはどうだろう。
'$~'をSTDOUTとして使うのは反則かな。

追記

こんなのとか?

perl -le '($_||="\163"x6)++while$a++<706623;print'


変なところから文字列を持ってきてみるとか

$ perl -le 'eval"{";($_||=(split(/ /,$@))[4])++while$a++<1597631;print'

なんにせよ数字が大きいなぁ。もっとスマートにできないかな