Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Net::Twissrを更新

TwitterとWassrのタイムラインを合成するだけの簡単なモジュールを作ってみた - すぎゃーんメモで作成したPerlモジュール Net::Twissr をアップデートしました。
Changeset 28670 for lang/perl/Net-Twissr – CodeRepos::Share – Trac


大幅に依存関係を取り除き、Net::Twitter, Net::Wassrの内部での処理を移植する形で実装。
比較的入れやすくなったのではないかな?と。
内部ではただLWP::UserAgentがAPIとやりとりするだけなので、インスタンス生成時に必ずusernameとpasswordを指定する必要ができました。

use Net::Twissr;

my $twissr = Net::Twissr‐>new({
    twitter_username => ’your twitter username’,
    twitter_password => ’your twitter password’,
    wassr_username => ’your wassr username’,
    wassr_password => ’your wassr password’,
});

というカンジで。
Config::Pitを使うなら

use Net::Twissr;
use Config::Pit;

my $config = Config::Pit::get('twissr', require => {
    'twitter_username' => 'your username on twitter.com',
    'twitter_password' => 'your password on twitter.com',
    'wassr_username' => 'your username on wassr.jp',
    'wassr_password' => 'your password on wassr.jp',
});

my $twissr = new Net::Twissr($config);

これで一度ログイン情報を作ってしまえば、

$ perl -MNet::Twissr -MConfig::Pit -e 'Net::Twissr->new(pit_get("twissr"))->update("ほげ")'

というワンライナーが使えるようになる。


さて、あとはイイネとか発言の削除とか、かな?replyのところとかあんまり試してないのでウマくいかないかも…