Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

「伝説の焼肉」の作り方

一昨日の話になりますが。焼肉を食べてきた。
CyxxxxLightningTalks Vol.11 すぎゃーんさん - YouTube
伝説のLightningTalkで「ヒマな日にはWassrで『今夜は飲み行けるよ!』ボタンを押しまくるので、ぜひ一緒に食べにいきましょう」という宣言をしたので、その宣言通り、朝からボタンを押してみた。
その後もちょっとずつTwitter, Wassr双方に飲みに行く人募集Postをした結果、「伝説のLightningTalk」に集まっていたヒト2人から参加表明があり、3人で決行することに。中野の焼肉屋へ。
ぐるなび-宴会・グルメ情報検索サイト
あとは中野に住んでいる友人に適当にメールを送ってみて呼び出し、20時に集合。
20時開始後もTwitterで焼き肉の画像をPostしてもらい釣り糸を垂らし続けた結果、さらに2人加わり、中野の友人が大学時代の友達を連れてきてくれたりで、結局7人まで増えた。
初めてお会いするヒトから、エンジニア同士の集まりでは絶対に聞けないような話も聞けて、とても楽しく、勉強になる焼き肉だった。
キーワードは「三脚」。空前の伝説ブームにつき、今回は「伝説の三脚」ということになります。


ともかく、こういったカンジで、自分みたいな小さな人間でも行動を起こす事で楽しい焼肉を開催することができることが分かった。
ここからまたさらに新しい知識を得ることができ、人脈が広がっていったりする。こりゃーやめられない、とまらない。
もう「伝説の焼肉」でなくてもなんでもいい、とにかくヒトとヒトが集まって、楽しく飲んで食って仲良くなっていけばいいんじゃないだろうか。
東京に住んでいることには、こういうことが簡単に出来てしまうというすばらしいメリットがある。
これからも多くのヒトがそこら中で楽しい焼き肉を開催して多くのヒトたちが出会い楽しみ交流を深め勉強していけばいいな、と思った金曜日だった。


というワケで「伝説の焼肉」の作り方。

  1. Wassrで「今夜は飲み行けるよ!」ボタンを押し、Twitterでも飲みに行くヒトを募集する
  2. ついでにお店も募集する。
  3. 適当にお店を決める。
  4. お店と時間が決まったらまたWassr, Twitterにポストして知らせる。
  5. お店でもウマそうな写真をUpして参加者を募集し続ける
  6. 楽しく飲んで、食う。


これだけ!!
お店選ぶときにたくさん候補を挙げられて迷ったときは、

perl -MLWP::Simple -MJSON -e '$a=from_json(get "http://api.wassr.jp/statuses/user_timeline.json?id=XXXX"); $_=$a->[rand @$a]->{'html'} and /http/ and print and exit while 1'

って一行書くだけでお店が選べるよ!


お集まりいただいた皆様、どうもありがとうございました。またよろしくお願いします。