Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

幻夜

寝る前に東野圭吾を読むのがすっかり趣味になっている。

幻夜 (集英社文庫 (ひ15-7))

幻夜 (集英社文庫 (ひ15-7))

白夜行」に似た雰囲気で続いていって、「二番煎じになってる・・・?」とか疑問を抱きつつも、やっぱり続きが気になって結局サクサクと最後まで読んでしまった。終盤はどんどん続きが気になる展開になって最後も予想外の展開で、読み終わってみると納得してしまう。本当にこの人の本はスゴイわ。。。
正直、東野圭吾作品は面白すぎるから寝る前に読むような本ではいけないと思ってる。けどやめられない。